すもと食材・大図鑑

キャベツ

夏、秋、冬

夏、秋、冬

収穫時期

5月中旬~3月下旬

旬の時期

10月上旬~10月下旬

特徴

キャベツは、「冬系キャベツ」と「春系キャベツ」があります。また、夏、秋にも収穫ができる品種もあり、一年を通して栽培されています。
 夏、秋、冬キャベツは一般的なキャベツで、松波、輝岬、金春などの品種がつくられており、形は楕円型で、葉は厚く、よく締まっています。中は比較的薄い緑をしているのが特徴です。

コメント

 言わずと知れた野菜の定番。葉が厚いので、生食でも、美味しく頂けますが、加熱しても、歯ごたえが残り甘みが出るので、加熱調理にも向いています。

選び方

葉につやがあり、緑が濃いものを選ぶと良いでしょう。カット売りであれば、芯の高さが高すぎないものが良いとされています。しっかりと巻いていて、ずっしりと重いものを選びましょう。

保存方法

ラップを外し、ポリ袋に入れ、野菜室で冷蔵してください。
切って保存する場合は、水につけ、水を良く切ってビニール袋か密封容器に入れ冷蔵庫で保存してください。

栄養価

キャベツは、ビタミンC、アミノ酸、カルシウムを多く含んでいます。
また、キャベツ特有の栄養素であるビタミンUは、胃の粘膜を強化させ、胃炎、胃潰瘍の予防に良いとされています。

トピックス
(豆知識)

冬系キャベツは秋から初春にかけて多く作られます。厳寒期以降に収穫されるものは、「寒玉」とも呼ばれています。

その他

<主な品種>
松波、輝岬、金春、三春、SE、石井