すもと食材・大図鑑

サワラ

サワラ

サワラ

収穫時期

4月下旬~11月下旬

旬の時期

10月下旬~11月下旬

特徴

春はあっさり、秋は脂がのりこってりとした味で、季節によって美味しさに特徴があります。刺身・たたき・汁物・茶漬けなどが代表的な食べ方です。4kg以上の大きいものはおいしいですが、高価ではあります。

コメント

クセが少なくやわらかい身が特徴です。和洋中の調理に合うので、魚が苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか。

選び方

皮は黒っぽい銀色に光っていて、新鮮なものを選びましょう。切り身は、透明感があり、血合いが明るい赤色のものがよいでしょう。

保存方法

切り身はキッチンペーパーとラップに包み、冷蔵庫保存。

栄養価

動脈硬化予防、骨粗しょう症予防、脳や神経の維持などに効果があるといわれています。不飽和脂肪酸のDHAやIPAなどが豊富に含まれ、中性脂肪とコレステロールの低下に効果があるとされています。

トピックス
(豆知識)

余分な塩分(ナトリウム)の排泄を促せる効果があります。

その他

<主な漁法>
 漁港によって漁法が違います。曳縄や一本釣り漁業を行っている漁港では、魚を傷つけにくいのが特徴です。
 播磨灘の西浦では春と秋では漁法が違い、春は刺し網漁(ながし)で捕るので、漁獲量増えます。秋は、つり針を使ったはえ縄漁で漁を行います。