すもと食材・大図鑑

ねぎ

ねぎ

ねぎ

収穫時期

1月上旬~12月下旬

旬の時期

12月上旬~2月下旬

特徴

ねぎを大きく分けると白く伸びた茎を食べる根ねぎと、おもに葉を食べる葉ねぎとに分けられます。葉ねぎと根ねぎとでは、栽培方法も違います。根ねぎの長ねぎは、根深ねぎとも呼ばれ、白い部分(葉鞘部)は、日に当てないように土をかぶせて栽培しますが、葉ねぎはたっぷり日を当てて葉鞘部を青々と育てます。ねぎを切ると、ぬめりがあります。これは甘みと柔らかさの証拠です。加熱すると甘みとトロっとっした食感が独特です。

コメント

独特の香りがあり、煮物などで調理すると、甘みが増します。食感も加熱具合で、シャキッとした食感を残すこともでき、トローリとした食感も楽しめます。

選び方

茎の分かれる部分が、しっかりして厚みがあるもののほうが味わい深いです。巻がしっかりしていて、スカスカしていないもの。根もとの切り口がきれいで、みずみずしいものがよいでしょう。

保存方法

新聞に包んで冷暗所で立てて保管

栄養価

アリシンは香りの成分で、ビタミンB1の吸収を高める。血行を良くし、肩こりや冷え性の改善に効果があるといわれています。

トピックス
(豆知識)

奈良時代に渡来したといわれている。関東では、根ねぎが主流で、関西では九条ねぎなどの葉ねぎが主流です。最近、関西でも、根ねぎが出回るようになってきています。

その他

洲本市で栽培されている主な品種
 →岩津・小春・不祥・太ねぎ・九條系