すもと食材・大図鑑

かぶ

かぶ

かぶ

収穫時期

9月上旬~3月下旬

旬の時期

11月中旬~1月中旬

特徴

 日本では、各地で様々な品種が栽培されており、約80種類の品種が存在しています。淡路島の寒い時期に栽培れさたものがおいしいです。
 葉にはビタミン、ミネラルが豊富で、根には消化を助ける消化酵素が含まれています。

コメント

 「日本書紀」にも記載があり古くからある農産物です。子どもたちにも、「おおきなかぶ」のお話でよく知られています。
 生食で、サラダ、漬け物にするほか、煮物、蒸し物など幅広く調理できます。煮崩れいやすいので、加熱する場合は注意しましょう。

選び方

根は張りがあって傷が少ないもの、葉はみずみずしく緑が鮮やかなものを選びましょう。

保存方法

葉と根は別々のビニール袋などに入れて、冷蔵庫で保存するとよいでしょう。

栄養価

根には消化を助ける酵素が含まれている。葉にはビタミン、ミネラルが豊富で、高血圧予防や貧血の改善に効果があります。

トピックス
(豆知識)

かぶの葉は、春の七草の一つ「すずな」で有名です。

その他

<主な品種>
福小町・スワン・耐病ひかり・早生大かぶ