すもと食材・大図鑑

いちご

いちご

いちご

収穫時期

12月上旬~6月中旬

旬の時期

1月上旬~3月下旬

特徴

 クリスマスケーキの定番のいちご。
 本来の食用の旬は、5月~6月の初夏ですが、クリスマス等のマーケットニーズに合わせて、国内生産量のほとんどが、冬~春に出荷されています。
毎日、苗、土、気温の状況などを慎重に観察しながら、丁寧に育てられています。  

コメント

 フルーツは、甘みが重要視されるのが一般的ですが、甘すぎてもダメで、糖度と酸味のバランスが重要です。
 このバランスは、生産者の日々の観察や工夫によって、大切に育てられ生まれたものです。
 まずは、何もつけずにそのまま味わってみてください。

選び方

ヘタが青々して張りのあるもので、赤色の部分が均一なものが良質です。

保存方法

水気を避けて、乾燥しないように冷蔵保存してください。

栄養価

 いちごに多く含まれるビタミンCは、水に溶けやすいため、つけたままにしておくと流れてしまいます。ヘタをつけたまま、ざるに入れて、食べる直前に薄い塩水などで洗うと、効果的です。

トピックス
(豆知識)

一般にいちごの実といわれている部分は、花の土台が変化したもので、植物上の実際の実は、表面のつぶつぶの部分です。

その他

<主な品種>
さちのか、べにほっぺ