すもと食材・大図鑑

たまねぎ

早生

早生

収穫時期

3月中旬~5月下旬

旬の時期

4月上旬~5月上旬

特徴

 一言で淡路島たまねぎといいますが、淡路島では多くの品種がつくられ、収穫時期によって大きく3つに分かれており、それぞれ特徴を持っています。
 早い時期に収穫する、貴錦、七宝早生7号などが3月~5月上旬頃に収穫されます。春に「新たまねぎ」として、販売されているものの多くが、この早生の品種です。
 

コメント

 何といっても、みずみずしく、フレッシュな甘みが特徴で、皮も柔らかく、フルーツのような味わいです。サラダなど生で食べるのがおすすめですが、天ぷらやフライにしても、甘さとみずみずしさが引きたちます。

選び方

新鮮さが一番なので、表面などもみずみずしいものが良いでしょう。

保存方法

ポリ袋に入れ、野菜室で冷蔵しましょう。保存は余りききませんので、出来るだけ早くお召し上がりください。

栄養価

 たまねぎ特有の香りは、硫化アリルが含まれているためで、加熱すると、甘みを増します。
 この成分は、血栓防止や動脈硬化予防、また、がん抑制、糖尿病予防、脂肪分解促進などにも効果があるとされています。
 

トピックス
(豆知識)

 スライスしたまねぎを、水にさらしていませんか?
生で食べる場合は、水にさらすのではなく、15分位放置して空気にさらす方が、甘さが増します。
 是非、お試しください。

その他